2017年04月25日

【案内】九州大学政治研究会5月例会

九州大学政治研究会5月例会で報告します。今回は研究報告ではなく、ヨーロッパで感じたことや考えたことを会員の皆さんと共有し討論する内容になります。会員でない方も参加可能ですので、関心のある方はぜひご参加ください。

日時:2017年5月20日(土)13:30〜17:30
場所:九州大学・西新プラザ中会議室【マップ

【報告題目】
1.「地域、国、世界に対する責任や義務をいかに教えるべきか
   ──主権者教育における保守主義的側面への着目」
   報告者:施 光恒(九州大学大学院比較社会文化研究院准教授)
2.「グローバル化とは何か──ルーヴェン遊学を振り返って」
   報告者:岡ア晴輝(九州大学大学院法学研究院教授・
        放送大学客員教授)
posted by OKAZAKI, Seiki at 09:29| Comment(0) | Noto

2017年04月23日

研究計画

東アジアも政治的危機の直中にありますが、だからこそ「象牙の塔」に籠り、基礎研究に打ち込むつもりです。拙稿「選挙」でも示唆しておきましたが、選挙制議会+抽選制議会の二院制にし、抽選制議会に拒否権を与えることが、現代の政治的危機に対処する一つの有効な方策であると判断しています。その理論的支柱となる翻訳(T)と論文(U)を提供することが、今年度と来年度の最大の課題になります。快晴の伊都キャンパスにて。

 T 2017年度 Tegen Verkiezingen(翻訳)
 U 2018年度 抽選制論(論文)→ 査読誌
 V 2018年度 思想史方法論(論文) → 紀要(退職記念号)

20170423.JPG
posted by OKAZAKI, Seiki at 12:23| Comment(0) | Noto

2017年04月16日

2017年度前期

最初の1週間が無事に終了しました。2017年度前期の授業は、火2のオムニバス演習(4月11日・18日分担)を除けば、学部講義1、学府(大学院)演習3ということになります。幸い大学行政はほとんど入っていないので、毎日数時間はオランダ語翻訳に充てることができそうです。早朝は翻訳、2限は授業、午後は読書(授業準備を含む)と散歩、夜はリラックスという生活のリズムを守っていきたいものです。

 月2 学府演習:方法論
(火2 学府演習)
 水3 学府演習:吉野作造論
 木2 学府演習:抽選制論
 金2 学部講義:政治学入門

20170416.JPG
posted by OKAZAKI, Seiki at 08:30| Comment(0) | Noto