2017年06月30日

【暫定版】新刊情報(2017年4月〜6月)

2017年4月〜6月の新刊情報です。6月末まで少しずつ更新していく予定です。読んでみたい政治学関係の文献に限定しているのですが、それでもこれだけの数にのぼります。「私の教育・研究に密接に関連する文献」は丁寧に読むつもりですが、それ以外は時間がないため、ほとんど読めないと思います。忸怩たる思いですが、やむをえません。

追記 4月〜6月の新刊情報をお持ちの方は、メールでご教示ください(aktiv【アットマーク】aqua.ocn.ne.jp)。

続きを読む
posted by OKAZAKI, Seiki at 23:59| Comment(0) | Noto

2017年06月20日

Equality by Lot

ヨーロッパでは、抽選制議会が真剣に議論されはじめています。Equality by Lot というブログを読めば、最新の動向を把握することができます【リンク】。最新の記事によれば、ベルギーでは、Christie Morreale 上院議員が、白票分の議席を抽選された市民に割り当てることを提唱しているようです。スイスでは、Génération Nomination という団体が、国民議会の200議席中50議席を抽選制にすべく署名を集めはじめたようです。ヨーロッパにおける抽選制議会論の急速な台頭には、ただただ驚くばかりです。ひるがえって、我が国はどうでしょうか。結局は<数の力>で押し切る国会に違和感を抱いている人も多いのではないでしょうか。そうであるとすれば、我々も、ヨーロッパの理論と実践を参照しつつ、抽選制議会による民主主義の刷新を真剣に検討しはじめる段階に入っているように思います。参議院を抽選制にすれば、衆議院の乱暴な決定を退けることも可能になるはずです。抽選制議会に関心のある方は、ぜひ Equality by Lot にアクセスし、メール配信登録をしてみてください。
posted by OKAZAKI, Seiki at 20:46| Comment(0) | Elekta Sistemo

2017年06月17日

オーストラリア連邦上院選挙制度改革(2016年)

迂闊にも見落としていましたが、昨年、オーストラリア連邦上院の選挙制度が改革されていました(2016年7月1日施行)。「「グループ投票チケット」を廃止するとともに、選好投票の数を減らして有権者の負担を減ずる等の見直しを行った」もののようでです(芦田 淳「【オーストラリア】連邦上院選挙制度に関する見直し」、『外国の立法』No.267-2(2016年5月:月刊版)【リンク】)。マイナー・チェンジといったところでしょうか。より詳しく知りたい方は、AEC (Australian Electoral Commission) のウェブサイトをご覧ください。投票用紙のサンプル付で説明されているため、理解しやすいと思います【リンク】。それにしても、国立国会図書館の『外国の立法』【リンク】は、日本の宝だと思います。いったい、外国の立法動向を迅速かつ正確に紹介し、しかもインターネットで無償提供しているような奇特な国は、他にあるのでしょうか(ご存知の方がいらっしゃれば、ご教示ください)。[6月20日、誤植訂正]
posted by OKAZAKI, Seiki at 15:12| Comment(0) | Elekta Sistemo